ゲームはリビングで。

ゲームを終えて、こんなことを考えた。

ゲームはリビングで。 イメージ画像

更新情報

”現代戦では理由なく……犬死する”アーネスト・ヘミングウェイ戦争に臨む兵士を主人公にした作品はいくつもありますが、この作品は戦争から命からがら生き延びようとする一般市民が主人公です。物資をかき集め、自分たちの拠点のインフラ整備をし、武装集団の襲撃に怯えな
『【This War of Mine】戦争渦中の一般市民を描くサバイバルシミュレーション』の画像

もう5年前の作品ですが、これから新作の「Mirror's Edge Catalyst」に向けてプレイしました。一人称視点で壁を走りビルからビルへ飛び移るパルクールゲーム。地上数十メートルのパルクールはタマヒュンポイントがたくさん。敵に追われるシーンでは背後から銃撃される緊迫感を
『【Mirror's Edge】監視された街を駆けるパルクールゲーム』の画像

 毛糸の主人公「ヤーニー」が冒険するアクションパズル。とある家族のなかで人知れず動き出した毛糸のヤーニーはその家族の思い出を辿る冒険に出発します。家族の思い出は森だったり山道だったり海だったり、そして別れだったり。毛糸でできたヤーニーは赤い毛糸を伸ばし続
『【Unravel】人に思いを寄せるアクションパズル』の画像

年末にTwitterで「#いいねされた数で今年やったゲームについてコメントする」というハッシュタグをツイートしてコメントしたときのまとめです。一部を除いてすべてSteamより配信してます。ムラマサ@RainbowSixSiege@mikkannnai #いいねされた数で今年やったゲームについてコ

ゾンビにならないためのリスクマネジメントアクションゾンビあふれる街でとにかく生き延びる今のところまだアーリーアクセスの作品ではあるが、しっかりと楽しむことができます。まだクリアはないらしい。様々なアイテムを収集しクラフティングしてゾンビから身を守っていく
『【Project Zomboid】ゾンビだらけの街でひたすら生き延びる』の画像

基本無料MMORPGの「黒い砂漠」はグラフィックに大きな魅力がある。そのグラフィックは荘厳で雄大な自然を感じる一方で、木々の穏やかなあたたかみを感じさせることでしょう。というわけで、今回はこれまで撮ったスクリーンショット(以下、SS)を貼っていきます。その前にSS
『【スクリーンショット集】黒い砂漠』の画像

廃墟好きへおすすめ、雰囲気満点。一人称視点で廃墟を探索しながら脱出を目指す本作はほとんど説明がなく主人公がベッドから目が覚めてゲームが始まる。人の気配がなくホラーテイストではあるものの、ホラー苦手な自分でも最後までクリア出来たので心臓の弱い方もご安心を。
『【Homesick】廃墟を探索する一人称視点アドベンチャー』の画像

ナチスがアメリカに原爆を投下し降伏させたという稀有な設定のFPS。残されたアメリカのレジスタンスが復讐に牙を剥く。ムービーがサスペンスドラマみたいで没頭できた。敵の兵器・兵装が近未来的なんだけど古風な無骨さが混ざっていい味出てる。初見で10時間くらい。あとグロ
『Wolfenstein:The New Order』の画像

「声」を奪われた主人公レッドが「体」を奪われたパートナーと共に首謀者を見つけ出すストーリー。おしゃべりな相棒のおかげで退屈しない。デジタル世界を表現する独特なグラフィックとテクノBGMが見事にハマってる。vocal曲もあるけどサントラを買うほどに良BGM揃い。戦闘は
『Transistor』の画像

森の運命を託された「オリ」の物語。目を奪われるほど雄大な自然のグラフィックが美しい。良BGMでアクション性は高く200回位死んだけれど、どこでもソウルリンク(セーブポイント)をつくれるしすぐにリプレイできるのでやり直しのストレスは少ない。プレイ時間はだいたい8時
『Ori and the Blind Forest』の画像

↑このページのトップヘ