20160316230308_1

ゲームシステム

マップはオープンワールドで成長要素を取り入れたTPSといったところ。オープンワールドで成長要素のあるシューターといえばボーダーランズが有名だが、それと比べるとコメディ要素がなく、かなり真面目な作品といえる。マンハッタンの各エリアごとに敵のレベル層が設定されているので、結果として西側からダークゾーンを挟んで東側に向かって攻略していく流れになるが、1日1エリアくらいの攻略がちょうどいい。
20160327150229_120160327184012_1

アクション・戦闘
敵との戦闘は遮蔽物に隠れながら進めていくのが基本。遮蔽物から遮蔽物への移動は隠れたい所へ照準を向けてボタンを押し続けるだけなのでアクション映画さながらの銃撃戦が簡単に味わえる。また天候変化は気づかないほど自然で、夜間の雪は特に視界が悪い。ちなみにオススメのスキルは敵の位置がわかる「パルス」と確実にヒットする「追尾マイン」ですね。
20160319102150_120160317225215_1
20160319114428_120160316232427_1

作戦室
作戦室はメインのセーフハウスとなる。この作戦室を徐々に復興させることでスキルやパークを手に入れることができる。復興できる項目には、スキルの追加機能が手に入るものもあるのでプレイスタイルに合わせて優先順位を決めるのがいいでしょう。作戦室に戻ってくる度に違う様子になっているのもおもしろい。
20160316232804_120160319215540_1
20160321204830_120160402112844_1

マンハッタンの街並み
タイトルから書いている通りマンハッタンを舞台にしており都会的な街並みが良い。道路にあふれる大量のゴミ袋や、雪をかき分ける多くのタイヤ跡は沢山の人々が暮らしていたことを感じさせる。かの有名なニューヨーク・タイムズに赴くこともできる。壁の落書きに目を向けたり、鳥や野良犬を観察するのも案外おもしろい。
20160327141645_220160326180455_1
20160326182633_120160327142306_1
20160326175530_120160402185706_1
20160327175211_120160402151809_1

人々
マンハッタンのウイルス汚染によるアウトブレイクはそこに住む人々に多大な影響を与えていた。ゲームの中でその人々がどんな道を選んできたのかを描いている。特に蔓延したウイルスを駆除するために結成した「クリーナーズ」は凄惨なドラマを持っている。各地に残されたボイスメッセージにも耳を傾けよう。
20160316233656_120160402113328_1