Katana Zeroの実績コンプについて解説します。 


政府ラボについては後半で説明してます。 

【The Dragon's tape】
ステージ7「チャイナタウン」でカジノを抜けた先にあるオフィスの机でドラゴンのテープを入手し、ステージ8「ドラゴンのテープ」をクリアする。

【To be continued】
エンディングを迎える。

【Don't hang up!】
ステージ1「工場」でかかってくる電話を「電話を切る(赤)」を選んで何度も切る。

【The End】
ステージ7「チャイナタウン」の終盤、仮面を選択で金の仮面(「俺は死にたい」)を選択する。 

【Prism key】
ステージ1「工場」でチュートリアルで倒した最初の敵の死体を調べる。政府ラボで『プリズムソード』が使用可能。 

【Master key】
ステージ2「ホテル」でターゲットが自殺する前に殺して死体を調べる。ドアを開けた瞬間モノを投げつけると倒せる。政府ラボで『マスターブレード』が使用可能。 

【Phoenix key】
ステージ6「屋敷」で忍者風の男が残り時間が少なくなると逃げていくので残された荷物を調べる。逃げる前にドアを開けると入手不可になってしまうので注意。政府ラボで『フェニックスエッジ』が使用可能。 

【Prototype key】
ステージ4「刑務所」で誰も殺さずにクリアすると、自宅の前にプロトタイプキーが落ちているので拾うと実績解除。 走って近づくと気付かれるので、特にサーチライトのエリア(帰還するとき)はctrlキーで歩くことを忘れないこと。政府ラボで『クレイモア・プロトタイプ』が使用可能。 

【Savant key】
ステージ9「スローターハウス」でモニターを起動させずに進み、3か所目のモニターの下にある机を調べると解除。政府ラボで『サヴァントナイフ』が使用可能。 

※詳しい解説

3か所あるモニターの天井には丸い機会が設置されていて、そこから真下に見えないセンサーが伸びているため、ローリングで抜ける必要があります。(※1か所目のモニターのコードを切断する必要はありません。) 

Katana Zero 2019 (21) - コピー
Katana Zero 2019 (18) - コピー
Katana Zero 2019 (17) - コピー

「2か所目が何回やっても突破できねーよ!」という人へ。

センサーの機械の色がはじめから赤くなっているとどうやら突破不可のようです。おそらく1か所目のモニターがうまく突破できていないことが原因だと思うので確実な方法としては「1か所目の敵を部屋の外におびき出して倒す」→「モニターの線を切断せずにセンサーをローリングで突破」を試してみてください。 

Katana Zero 2019 (19) - コピー

【Secret hunter】
すべてのキーを発見する 

【Beatdown】
ステージ5「スタジオ」のⅤとのバトルで4回攻撃を当てる。一定時間もしくは一定回数死ぬ(7回?)と自動で実績解除できずに進んでしまうので注意。ローリングでかわしつつ銃を構えた時に後ろに回り込んで攻撃すると楽 

【No love for robots】
ステージ5「スタジオ」の3F「宇宙の無常」で話し出すロボットを壊さずに進み、カードキーを入手後、戻ってきたときに会話を最後まで聞く。 

【Coffin Head】
ステージ5「スタジオ」の4F「クワイエットヒル」でカードキー入手後、戻ってくるときに登場するサイレントヒル的な機械を壊す 

【Refused medication】
ステージ3「クラブ」にてエレクトロヘッドと会話し、自分で手を下さず狙撃で殺害させる。その後のセラピーにてクスリについて言及して、投与せずに終える。

選択肢参考

エレクトロヘッド 「幻覚じゃない、お前を殺しに来た。」→「なんで幻覚だと思ったんだ?」→「何のクスリだ?」→「どこにあるか教えろ。」→「クスリの名前を教えろ。」→「お前の仲間は死んだ。」→「ドラッグを渡せ。そうすれば見逃してやる。」 

セラピスト「エレクトロヘッドと話した。」→「ドラッグについて俺に知られたくなかったのか?なぜ?」→「エレクトロヘッドも同じクスリを使ってたのか?」→「俺の力もドラッグによるものなのか?」→「こんな力、いらない。」→「もうドラッグなんていらない。」→「嫌だ。」→「嫌だ。」 


【Party Animal】
Ⅴの車に拾われたあと会話の選択肢で刀を渡す。その後エリアを進んで刀を拾う 

【Funny prank】
ステージ10「格納庫」で火炎瓶をエレベーターの移動中に投げて自殺する。 

【What a bad idea】
ステージ1「ホテル」のテラスで飛び降りる 

【Psychotherapy】
【Refused medication】を達成して、その後のセラピーですべて赤い選択肢を選ぶ。 実績解除されるのはステージ11のセラピー後。

【Forbidden Ultimate Danger Tempest-Eyed MAJORDOMO Imperial Barrage Crab, Evixion】
ステージ2「ホテル」の受付の女性に服装についてカードゲームのコスプレだと伝え、ステージ10「格納庫」にて受付の女性とのデュエルに勝つ。 

会話選択肢 

ホテル「先に進みたいんだが。」→「コスプレだ。」→「Ex対xーサクラの逆襲2」のシンジュ・サカムラに決まってるだろう。」→「サイバーパンクなディストピアを舞台にした子供向けカードゲームだよ。」→「まあ、一応な。」→「ありがとう。」→(帰還時)「コスプレだ。」 

格納庫「先を急いでるんだが。」→「身分証明書はないが……トラップカードならあるぞ。」→「フッ、その通りだ。」→「フッ。「残虐なる魔術師」だ。」→「まだまだだな。「振り子の災いープライマル・ヘル・ユートピア」。」→「トラップカード発動。」 


【 政府ラボについて 】


ステージ11「格納庫 pt.2」でセラピストを殺害後、死体を調べるとキーを入手する。その後ステージ選択でステージ12「政府ラボ」が解放される。ここでは手に入れたキーを使うことで違う性質の刀を使えるようになる。あくまでもおまけ要素っぽい。

『プリズムソード』 血しぶきがカラフルになる。スクショ好きにおすすめ?

『マスターブレード』刀からソニックブームのようなものが発射される。連続使用はできず自動でチャージされると再び発射できる。チャージ完了は音で判断が必要。

『サヴァントナイフ』 隙がほとんどない小刀。攻撃範囲はかなり狭くなってしまう。

『クレイモア・プロトタイプ』 攻撃範囲が広くなるが通常の刀より隙が大きくなる。ショットガンをまとめて弾き返したり、敵の刀とのかち合いでひるまなくなるメリットがある。盾を粉砕すると記述があるがなぜか実際にはできない。 

『フェニックスエッジ』刀を振ると前方に炎が飛ぶ。刀と炎それぞれ当たり判定がある。炎の当たり判定は広いが、刀自体は通常の刀より隙が大きく刀の攻撃範囲も小さい。ちなみに炎でも盾持ちを正面からは倒せない。