ゲームはリビングで。

Steamで2,000円以下のインディーズゲーム、リーズナブルだけどしっかり楽しめる作品を中心に紹介します!たまにPCデバイスレビューやNetflixも。

ゲームはリビングで。 イメージ画像

2Dアクション

Katana Zeroの実績コンプについて解説します。 政府ラボについては後半で説明してます。 【The Dragon's tape】ステージ7「チャイナタウン」でカジノを抜けた先にあるオフィスの机でドラゴンのテープを入手し、ステージ8「ドラゴンのテープ」をクリアする。【To be continu
『【Katana Zero】実績コンプ攻略』の画像

【 どんなゲーム❓ 】価格:¥1,520 言語:公式日本語対応  Katana Zero は斬撃を主体としたスタイリッシュな2Dアクションで、ピクセルアートで緻密に描かれたグラフィックはゲーム史のなかでも上位に食い込むんじゃないかと思えるほどヌルヌル動くクオリティ。難易度は
『【Katana Zero】ピクセルアートの華麗な斬撃アクション』の画像

【 どんなゲーム❓ 】価格:¥1,480 言語:公式日本語対応APE OUTは2019年2月28日に公開されたインディーズゲームだ。檻を破壊したゴリラを操って人間界からの脱出を目指す。操作は「移動」「突き飛ばす」「つかむ(キーを離すと「投げる」)」だけ。実際にやってみた感触
『【APE OUT】これはゴリラ"セッション"アクションだ!』の画像

【 どんなゲーム❓ 】価格:¥1,730 言語:公式日本語対応恐怖や驚きによって顔色が青ざめることを「色を失う」というが、この作品は世界の崩壊とともに色を失うシーンから始まった。プレイ時間は3時間ほどでアクション、パズルともにやさしめ。2Dアクションだが落下死
『【GRIS】(考察)自分自身の世界に迷い込んだ女の子を描く、示唆に富んだ芸術性あふれるADV』の画像

【 どんなゲーム❓ 】価格:¥1,980 言語:公式日本語対応クロスコードは「クロスワールド」と呼ばれる架空のMMORPGをテーマにしたシングルプレイのアクションRPGだ。一見して分かるようにグラフィックはピクセルアートでその質感は「クロノ・トリガー」や「聖剣伝説」と
『【CrossCode】MMOワールドを旅するARPG』の画像

少年は何から逃げ、何と向き合ったのかPLAYDEAD作品PLAYDEAD作品はLINBOが2011年に配信され、2Dパズルアクションでありながら示唆に富んだ作品として話題を集めました。LIMBOは以前から買っていたいたのですが積んでしまい、結果的にINSIDEをプレイしてからLINBOのプレイを決
『【INSIDE】脱走する少年を描く横スクロールアクション』の画像

かわいいドット絵に定評があるモモドラシリーズの最新作。白の司祭「カホ」が故郷の村を救うために戦う儚いストーリー。steamで980円で配信中。プレイ時間は4時間でした。カジュアルに楽しみたい人におすすめ。探索型横スクロールアクション近接武器と遠距離武器を駆使しなが
『【MOMODORA 月下のレクイエム】ドット絵がハイクオリティな横スクロールアクション』の画像

俯瞰アクション×水や古代遺跡を描くピクセルアート本作品は難易度がやや高く、アクションゲームが苦手な人はクリアが一苦労かもしれない。とはいえセーブはマップを移動した際にオートセーブされるため、ゲームオーバーになってもすぐリトライすることができる。マップはお
『【Hyper Light Drifter】剣と銃で戦う俯瞰アクション』の画像

森の運命を託された「オリ」の物語。目を奪われるほど雄大な自然のグラフィックが美しい。良BGMでアクション性は高く200回位死んだけれど、どこでもソウルリンク(セーブポイント)をつくれるしすぐにリプレイできるのでやり直しのストレスは少ない。プレイ時間はだいたい8時
『Ori and the Blind Forest』の画像

※現時点でまだ開発中のゲームです。2Dサンドボックスで有名なテラリアを手掛けたデザイナーが新たに「宇宙」をテーマに描いた作品がStarbound。この作品のドット絵はとても魅力的だった。まだ開発中の作品だがざっくり流れを説明すると、星々を飛び回り次のステージ(クラフ
『Starbound』の画像

↑このページのトップヘ