ゲームはリビングで。

Steamで2,000円以下のインディーズゲーム、リーズナブルだけどしっかり楽しめる作品を中心に紹介します!たまにPCデバイスレビューやNetflixも。

ゲームはリビングで。 イメージ画像

FPS

最近Netflixで「ミートイーター」というハンティング番組を観ているのだがこれがなかなかおもしろい。毎回メインキャストがゲストともにハンティングに赴いて仕留めた獲物を食するドキュメンタリー番組で、自然界に対する人間のあり方の語らいも哲学的でおすすめです。まずは
『【theHunter:Call of the Wild】リアルな自然環境が味わえる本格狩猟FPS』の画像

もう5年前の作品ですが、これから新作の「Mirror's Edge Catalyst」に向けてプレイしました。一人称視点で壁を走りビルからビルへ飛び移るパルクールゲーム。地上数十メートルのパルクールはタマヒュンポイントがたくさん。敵に追われるシーンでは背後から銃撃される緊迫感を
『【Mirror's Edge】監視された街を駆けるパルクールゲーム』の画像

ナチスがアメリカに原爆を投下し降伏させたという稀有な設定のFPS。残されたアメリカのレジスタンスが復讐に牙を剥く。ムービーがサスペンスドラマみたいで没頭できた。敵の兵器・兵装が近未来的なんだけど古風な無骨さが混ざっていい味出てる。初見で10時間くらい。あとグロ
『Wolfenstein:The New Order』の画像

コメディFPSとして有名なボーダーランズシリーズの新作が日本で10月30日からsteamで配信されたが、ツイッターのタイムラインをみてるとイマイチ購入に踏み切るかどうか悩んでいる人も多いようなので自分がプレイしてみた感想を書いていこう。今作は2で冷酷無情だったジャック
『Borderlands:The Pre-Sequel』の画像

物語は一人称視点から始まる。メニュー画面と思しき最初の画面はもう既に動かせるようになっていてビックリするのがこのゲームの特徴かもしれない。前後左右に、ダイナミックに動きながら各種設定ができる。この最初のエリアでマップを選択して移動、Escキーでいつでもココに
『Antichamber』の画像

↑このページのトップヘ