ゲームはリビングで。

Steamで2,000円以下のインディーズゲーム、リーズナブルだけどしっかり楽しめる作品を中心に紹介します!たまにPCデバイスレビューやNetflixも。

ゲームはリビングで。 イメージ画像

アドベンチャー

【 どんなゲーム❓ 】価格:¥1,980 言語:公式日本語対応 ナイト・イン・ザ・ウッズは大学を中退して故郷「ポッサム・スプリング」に戻ってきたメイ(20歳の女の子)の物語。家族や旧友と再会するが、仕事も目標もなく刹那的に過ごしていく。個性豊かなキャラクターが紡
『【Night in the Woods】キュートなキャラクターとモラトリアム人間』の画像

2011年3月11日に発生した東日本大震災は、平成が終わろうとしている今日でも街のあちこちに剥がれない絆創膏が残る。震災後、友人と赴いた岩手県久慈市では海の景色を遮ってどっしりとした白いコンクリートの壁が高く、長くそびえていたの覚えている。震災は世界中に伝わり、
『【9.03M】東日本大震災に想いを寄せるアートスタイル作品』の画像

【 どんなゲーム❓ 】価格:¥1,730 言語:公式日本語対応恐怖や驚きによって顔色が青ざめることを「色を失う」というが、この作品は世界の崩壊とともに色を失うシーンから始まった。プレイ時間は3時間ほどでアクション、パズルともにやさしめ。2Dアクションだが落下死
『【GRIS】(考察)自分自身の世界に迷い込んだ女の子を描く、示唆に富んだ芸術性あふれるADV』の画像

母なる海は、再生を願う。【 どんなゲーム❓ 】価格:¥1,980 言語:未対応だけどテキストはほとんど無し最高のグラフィックで色彩豊富な海を体験このゲームの大きな魅力は映像とストーリーだと思います。まずは映像ですが、ハイスペックなデバイスを余すことなく映像美を
『【ABZU】海のドキュメントを体験するアドベンチャー』の画像

少年は何から逃げ、何と向き合ったのかPLAYDEAD作品PLAYDEAD作品はLINBOが2011年に配信され、2Dパズルアクションでありながら示唆に富んだ作品として話題を集めました。LIMBOは以前から買っていたいたのですが積んでしまい、結果的にINSIDEをプレイしてからLINBOのプレイを決
『【INSIDE】脱走する少年を描く横スクロールアクション』の画像

攻略するゲームではなく、ストーリーを"選べる"ドラマ作品この作品は非常に綿密に考えられたストーリーで構成されているため、いわゆる「ゲームオーバー」がなく、プレイヤーが選んだ選択肢によって相応の結末を見ることができる。過去に戻れる能力を使ってそのとき選び直し
『【Life is Strange】時をかける少女(北米版)』の画像

 毛糸の主人公「ヤーニー」が冒険するアクションパズル。とある家族のなかで人知れず動き出した毛糸のヤーニーはその家族の思い出を辿る冒険に出発します。家族の思い出は森だったり山道だったり海だったり、そして別れだったり。毛糸でできたヤーニーは赤い毛糸を伸ばし続
『【Unravel】人に思いを寄せるアクションパズル』の画像

廃墟好きへおすすめ、雰囲気満点。一人称視点で廃墟を探索しながら脱出を目指す本作はほとんど説明がなく主人公がベッドから目が覚めてゲームが始まる。人の気配がなくホラーテイストではあるものの、ホラー苦手な自分でも最後までクリア出来たので心臓の弱い方もご安心を。
『【Homesick】廃墟を探索する一人称視点アドベンチャー』の画像

ナチスがアメリカに原爆を投下し降伏させたという稀有な設定のFPS。残されたアメリカのレジスタンスが復讐に牙を剥く。ムービーがサスペンスドラマみたいで没頭できた。敵の兵器・兵装が近未来的なんだけど古風な無骨さが混ざっていい味出てる。初見で10時間くらい。あとグロ
『Wolfenstein:The New Order』の画像

「声」を奪われた主人公レッドが「体」を奪われたパートナーと共に首謀者を見つけ出すストーリー。おしゃべりな相棒のおかげで退屈しない。デジタル世界を表現する独特なグラフィックとテクノBGMが見事にハマってる。vocal曲もあるけどサントラを買うほどに良BGM揃い。戦闘は
『Transistor』の画像

↑このページのトップヘ