ゲームはリビングで。

ゲームを終えて、こんなことを考えた。

ゲームはリビングで。 イメージ画像

Netflix

Netflix限定の映画といえば独特の世界設定で映画好きを満足させてくれる作品がたくさんある。今回はアジアを舞台にした作品を3つ(+おまけ)紹介。どれも政治や組織の思惑を描くサスペンスや銃撃戦、機敏な格闘アクションが楽しめるのでおススメ。『鋼鉄の雨』北朝鮮の軍部
『結構すごい!Netflix限定のアジアサスペンスアクション3作品』の画像

『米国では1976年の死刑再導入後、8000人以上が死刑判決を受けた。これはある死刑囚の物語ーーー』全10回に渡るドキュメンタリーはすべてこの一文から始まる。アイ・アム・ア・キラーは死刑判決を受けた殺人者へのインタビューを通して事件を振り返るドキュメンタリー番組。
『【アイ・アム・ア・キラー(Netflix)】殺意とどう向き合うか』の画像

ブラック・ミラーは一話完結型のオムニバス形式で情報社会を題材にしたSF作品。個人的にはNetflixで一番好きな作品だ。2018年末時点でシーズン4全19話が公開されていて、疑似体験、ソーシャルネットワーク、監視社会、バーチャルキャラクターなど実際によく聞くキーワードを
『【ブラック・ミラー(Netflix)】ダークな情報社会を切り抜くオムニバス』の画像

↑このページのトップヘ