ゲームはリビングで。

ゲームを終えて、こんなことを考えた。

ゲームはリビングで。 イメージ画像

雰囲気

恐怖や驚きによって顔色が青ざめることを「色を失う」というが、この作品は世界の崩壊とともに色を失うシーンから始まった。プレイ時間は3時間ほどでアクション、パズルともにやさしめ。2Dアクションだが落下死もなく、おそらくゲームオーバーにならない設計と思われるので
『【GRIS】(考察)自分自身の世界に迷い込んだ女の子を描く、示唆に富んだ芸術性あふれるADV』の画像

 毛糸の主人公「ヤーニー」が冒険するアクションパズル。とある家族のなかで人知れず動き出した毛糸のヤーニーはその家族の思い出を辿る冒険に出発します。家族の思い出は森だったり山道だったり海だったり、そして別れだったり。毛糸でできたヤーニーは赤い毛糸を伸ばし続
『【Unravel】人に思いを寄せるアクションパズル』の画像

廃墟好きへおすすめ、雰囲気満点。一人称視点で廃墟を探索しながら脱出を目指す本作はほとんど説明がなく主人公がベッドから目が覚めてゲームが始まる。人の気配がなくホラーテイストではあるものの、ホラー苦手な自分でも最後までクリア出来たので心臓の弱い方もご安心を。
『【Homesick】廃墟を探索する一人称視点アドベンチャー』の画像

↑このページのトップヘ